鉄骨半螺旋階段
HR−01
福岡県の辰巳住研様より螺旋階段(半らせん)の御注文を頂きました。
設計はなんと「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出演した匠
TAU設計工房 小宮成元氏
》トップページ 》メインメニュ 》鉄骨階段・螺旋階段 》HR−01 》お問い合わせ・お見積はこちら
現場 福岡県福津市
工場での製作状況 この直線部分とR部分の取り合いがちょっと大変
曲げ加工の誤差で少しの段差が出来る事があります。
小さな窪み等は自動車板金用のパテで処理しています。
このR部分の踏板とササラをあわせるのが大変・・・
ここまで出来るとホッとします。 素手で触りながら仕上がりを確かめます。
階段最上部からの眺め R部分の手摺と踏板のラインがイイッ!
錆止め塗装をしました。

完成しました!次はいよいよ現場搬入です。
↓↓↓
手すりの基準について
螺旋階段を運搬中 螺旋階段の空中散歩? この瞬間がいつもドキドキ! ベースプレートが納まると一安心
通常、現場への運搬、搬入はスチール1号で行います。
(4tロング)
ほとんどの場合が上棟時に建て方用クレーンでの
取り付けとなります。
大工さんとの打ち合わせも大事!
設置後の螺旋階段 玄関脇の螺旋階段 作業用として階段は使用しません。 乗る時は靴下で乗ってね。
現場での取付は難しくありません。
アンカーボルトに固定するだけです。
塗装は錆止めでの搬入となります。
仕上塗装は最後に現場で行います。(別途工事)
詳しい製作状況は→ BDAC(ビーダック) プロジェクト螺旋階段

詳しい設置状況は→ 辰巳住研様 社長のぶろぐ
鉄骨の半螺旋階段
昼の鉄骨螺旋階段 夜の鉄骨螺旋階段
らせんかいだん 完成です! 建物と一体化したすっきりとした階段に仕上がりました。

「キッチンが真ん中の家」は完成後にテレビやラジオなど、数々のメディアの取材を受けています。
今回、この辰巳住研様のBDAC(ビーダック) プロジェクトに加えて頂けた事をとても幸せに思います。
鉄骨建築・鉄骨階段・らせん階段は スチール空間設計(中島鉄工建設 工場2階) にお任せください。
スチール空間設計
E-mail: steel@po.people-i.ne.jp