鉄骨螺旋階段 RS−01             100基100様!
》トップページ 》メインメニュ 》鉄骨階段・螺旋階段 》RS−01 》お問い合わせ・お見積はこちら
  同じタイプの螺旋階段でも、
演出次第で、あなただけのオリジナルに♪
取付現場  福岡県北九州市 
鉄骨螺旋階段
手スリの基準について

製作の途中経過は省略。
他のRS−01の写真をご覧くださいね♪

※右は塗装前の完成写真です。
螺旋階段の製作完成
  踊場からの螺旋階段 踊り場から眺めた写真です。
踊場形状は、採光と建築基準法の有効幅とにらめっこ。

手摺も少々手は掛かりましたが、
圧迫感を感じない形状としています。
白く見えるのはパテ処理をしている場所。
溶接のジョイントや仮補強を取り外した後に出来る
凹凸を見えないよう処理しています。
トルネード
螺旋階段の手すり 1番気を使うことと言えば、
手摺を手で触った感触ですね。

溶接作業やグラインダーを使う際には
皮手袋やゴム手袋をはめて作業をしますが、
肝心な手で触る部分を製作する際には手袋をとりながら
の確認を怠りません。(≧∇≦)b OK
現場到着しました♪
現場は幅が狭い交通量の多い場所にありました。
合間を見計らって現場に横づけ。

あとはラフター君にお任せよ♪



取付時の動画はこちら
螺旋階段の設置
螺旋階段の設置完了 設置完了です!

支柱下部はベースプレートをアンカーボルトで
固定するのですが、アンカーセットは
お客様にお願い致しました。

当然、現場に来るのは今日が初めて。
打ち合せは、お客様と顔を合わせることなく、
電話、メール、図面での確認だけだったのですが、
うまくセットされていました。

(>▽<)b OK!!
クリアランス等の打ち合せもバッチリ!

※実はお施主様は一級建築士なのです。

この後どうなるのか楽しみですねぇ〜♪
スチール螺旋階段
完成写真を頂きました♪
螺旋階段とランプシェード 一級建築士さんなのでと言いますか
本当にお好きなんでしょうねぇ〜
※羨ましい m(゚▽゚* )

この階段の板もご自分で加工されたそうです。
キッチリ納まっていて、とても素人仕事には見えませんね。



※手摺子が倒れているように見えますが、
カメラのレンズ効果の影響です。
螺旋階段と言えば洋風なイメージがありますが、
珪藻土・無垢板と自然素材に囲まれた螺旋階段も
良い感じですね。
窓辺の螺旋階段
本棚とランプシェードと螺旋階段 ランプシェードに本棚が加わり、
レトロで暖か味のある良い雰囲気を出しています。
鉄骨建築・鉄骨階段・らせん階段は スチール空間設計(中島鉄工建設 工場2階) にお任せください。
スチール空間設計
E-mail: steel@po.people-i.ne.jp