主な業務内容

1.調査・測量
不動産の表示に関する登記に必要な調査・測量

@
公図・地積測量図・登記簿と現地調査

A
境界の立会による筆界確認業務

B
境界標識の設置

C
基本三角点等に基づく測量の成果による測量図作成

2.不動産の表示に関する登記
(1か月以内に申請義務のある登記)
   
(建物表題登記)  

一般的には建物を新築した時や新築建売住宅を購入した時にする登記。
現地の資料調査、建物の外周や境界からの距離などを測ったり建物内部も調査したりします。
借地の場合、建物の登記がないと地上権の主張が出来ません。
この登記をた後に「司法書士」の保存登記というものをすることになります。

   
(建物表題変更登記)  
建物の床面積に変更が生じたり、種類や構造が変更になった時にする登記です。
例えば、増築して床面積が増えた。一部を取壊して床面積が減った。
居宅だったのを店舗に改築したり、屋根がスレートぶきだったのをかわらぶきに変更した等という場合にする登記です。
表題登記と同じく
資料調査、建物を測ったり建物内部も調査したりします。
   
(建物滅失登記) 建物を取り壊した時や火事で焼失した時にする登記です。
忘れていると台帳上残ったままで、いつまでたっても消えません。
うっかりしていると固定資産税がずっと課せられたままになっている場合もあります。
   
(土地表題登記) 公有水面(海・河川・水路等)を埋立てたりして、新たに土地が生じたと認められる場合にする登記。
(払下げ等の許可が必要だったりしますので、勝手に埋立てたりしてはいけません)
図面等の資料や所有者の説明により測量し、隣の人達と立会いもして図面を作って登記します。
    
(地目変更登記)  
現況の地目と登記簿上の地目を一致させる登記手続き。
例えば農地(畑や田)を宅地や雑種地などに変更したりする登記です。
農業委員会の農地転用許可を得ただけでは登記簿台帳の地目は変更されません。
農転許可後に建物が建ったり、駐車場が整備され後に登記申請をしないといけません。
   
(土地滅失登記) 建物の滅失と同じですが、実際にはほとんどあり得ない登記です。
土地が災害などにより海没したり、河川改修で河川になったりした時にする登記です。
(先例も色々あり、出来ない場合もあって見解も難しいようです)

 

3.不動産の表示に関する登記
(申請義務のない登記)
 
(土地分筆登記)  
道路用地買収・敷地一部売却等にともなう土地を分割する登記。
例えば○○○番の300uの土地の内100uを売りたい時とかににする登記です。
図面等の資料や所有者の説明により測量し、隣の人達とも立会いをして図面を作って登記します。
   
(土地合筆登記) 分筆登記と逆で○○○番と○○○番の土地を1つの地番の土地にしたいという時の登記です。
所有者や地目が違ったり、抵当権が設定(条件有)されていたりすると合筆出来ない場合があります。
   
(地積更正登記)  
実測面積と登記簿上の面積を一致させる登記手続き。
実際の土地の面積が登記簿台帳面積と違う時にする登記です。
実際の面積が少ないと固定資産税を多く払い続けてる場合があります。
図面等の資料や所有者の説明により測量し、隣の人達と立会いもして図面を作って登記します。

4・その他

(境界復元測量)
知らないうちに土地の境界杭が抜けていたり、道路や敷地の工事等の際に境界標が紛失したりした時に
地積測量図や国土調査(地籍調査)等の座標データ等から境界を復元し境界杭を設置したりします。
境界標等を設置する場合は必ず隣接者と立会いをしなければトラブルの原因になります。
その地域や土地によって環境が違いますので、専門家の知識と経験が必要になります。

(境界確認測量)
佐賀県内はほとんど国土調査が終わっていますが、一部の字図地区や古い国土調査地区は
最初から境界を示すものが何もなかったりします。そのような場合は隣接者と立会いをしたり
管轄官公庁に境界査定申請をして境界を明らかにし、境界標を設置したりします。

(現況測量)
境界を含め敷地の形状や構造物等を測量して測量図面を作成します。

5.他にも

・筆界特定制度に関する業務

・裁判外紛争解決(ADR)

・司法への参加・協力(筆界鑑定書作成)

などの業務もあります。

昼間は主に現場での調査・測量の仕事や役所に行ったり来たり、申請手続等の仕事の外業。
朝早くと夕方・夜はパソコンでCADを使った内業等がメインです。

最近はオンライン申請というものが推進されるようになり、法務局に出向かず事務所のパソコンから
法務局が閉まった夜でも、決められた時間内であれば申請を出すことが出来るようになりました。
このオンライン申請も発展途上中で半ラインという感じですが、そのうち完全オンラインになるでしょう。

 なかなかやりがある、面白い仕事です。
最近、新しい測量機械を導入し測量に行くのが楽しみになってます。
機械の紹介は→
こちら 

土地・建物に関する登記・測量など お尋ねは下記までご遠慮なくどうぞ!

稲葉登記測量事務所
土地家屋調査士 稲葉伸理(しんり)

事務所: 〒847-0875 佐賀県唐津市西唐津1-6008-11
TEL 0955-75-3331  FAX 0955-75-3332