土地家屋調査士とは

≪土地家屋調査士≫

と言っても、どういう仕事かあまり知られてない職種ですよね。
大ざっぱに言うと弁護士や司法書士、行政書士、建築士、不動産鑑定士、等々と同じく国家有資格者
であり「不動産の表示に関する登記」を所有者に代わって登記手続きの代理人となれる専門資格者です。

じゃぁ「不動産の表示に関する登記」って?

土地の所在・地番・地目・地積など、建物の所在・地番・種類・構造・床面積などを公示する登記です。

「不動産の表示に関する登記」は所有者等に申請義務が課せられています。

1.新たに土地が生じ(埋立)た時(不動産登記法第36条)

2.地目又は地積に変更を生じた時(不動産登記法第36条)

3.土地が滅失(海没)した時(不動産登記法第42条)

4.建物を新築した時(不動産登記法第47条)
{区分建物例外有(不動産登記法第48条)}

5.建物が合体した時(不動産登記法第49条)

6.建物の所在・構造・床面積に変更を生じた時(不動産登記法第51条)
建物が滅失(取壊し、焼失)した時
(不動産登記法第57条)

「不動産の表示に関する登記」をしなかった場合は?

「不動産の表示に関する登記」の申請義務を有する者がその申請を怠った場合には
10万円以下の過料が課せられます。(不動産登記法第164条)

 

土地家屋調査士法
(目的)第1条
この法律は土地家屋調査士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、
不動産の表示に関する登記手続の円滑な実施に資し、もって不動産に係る
国民の権利の明確化に寄与することを目的とする。

(職責)第2条
土地家屋調査士(以下「調査士」という)は、常に品位を保持し、業務に関する
法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその実務を行わなければならない。



土地家屋調査士倫理綱領
1.使命
不動産に係る権利の明確化に期し、国民の信頼にこたえる。

2.公正
品位を保持し、公正な立場で誠実に業務を行う。

3.研鑽
専門分野の知識と技術の向上を図る。

土地・建物に関する登記・測量など お尋ねは下記までご遠慮なくどうぞ!

稲葉登記測量事務所
土地家屋調査士 稲葉伸理(しんり)

事務所: 〒847-0875 佐賀県唐津市西唐津1-6008-11
TEL 0955-75-3331  FAX 0955-75-3332